My sweet, hard life

認定スクラムマスター研修を、フロイデの社員教育の一環として福岡で開催します

2017.04.14

「フロイデは、未経験者育成は手厚いけれど、中堅社員への教育はパッとしないよね」 と社内外から言われていましたが、今回、なんと、「3日間で1人30万円」かかると言われている 「認定スクラムマスター研修(CSM)」 を、フロイデ幹部社員教育の一環として福岡で開催することになったので、その経緯をブログに書いてみました。

 

 

フロイデが中堅社員以上の育成・研修に踏み込めなかった理由

「無職・フリーターを含む未経験者を1000人エンジニアにする」というミッションを掲げているフロイデには、未経験者育成向けであれば、かなりしっかりしたノウハウやフローがあります。ですが、中堅社員以上に特化した研修やOJTの開発は(私自身必要性は痛感していましたし、社内からもそのような声は上がっていましたが)、下記の4つの理由により、その実現までにはいたっておりませんでした。

1.フロイデの経営理念を浸透できるものがない

「中堅社員以上には自律的に動いてほしい」という希望は、経営者であれば多かれ少なかれみな持っているところだと思います。また中堅社員以上の従業員も「自分でさまざまなことを判断決断していきたい」という思いはしっかりあるでしょう。それがどうしてうまくいかないかというと、会社の経営理念が共有されていないところにあると思います。

そして私は、中堅社員以上に企業研修を行うのなら、少なくとも会社の価値観

  • 最新技術を追求し続けます
  • お客様と同じ方向を向いて熱意を持って取り組みます
  • チームで成果を出す事に全力を尽くします
  • コンプライアンスを遵守し、社員の健康と幸せを構築します

に沿ったものでないと、いろいろ矛盾が発生すると考えています。

例えば、会社でちゃんと「コンプライアンスを遵守し、社員の健康と幸せを構築します」というバリューを共有しているのであれば、体調が悪く休みが続く社員に対して「社会人なんだから責任もってちゃんと引継ぎしろ!」という指導は出てこないはずです。でも、それを共有できていない指導者側も悪意があるわけではなく”自分の社会人としての価値観”のもと、”会社や部下に良かれと思って”やっているんですよね。実際フロイデのバリューは、従来の利益追求型のヒエラルキーが浸透した企業体で好まれるものとは結構乖離しています。本当はこの辺は私が幹部社員にしっかり落とし込んで、幹部社員に他の社員への展開を依頼できるのが理想なんですが、私は最初の落とし込みからつまづいてしまっていました。

 

2.実業務に直結したものがない

実は4〜5年前、全社員向けにPMBOK研修を自社で開催したことがありました。講師は日本PMIの理事長で2日間にわたる結構壮大なものだったのですが、受講者はみんないまいちピンときていませんでした。その時はまだ社員の大半が客先常駐ベースだったので、「プロジェクトマネジメントは客先の偉い人のお仕事で僕にはあまり関係ない」という感覚だったのでしょう。

ちなみにこの時の経験から
「研修で学習したことと実業務がちゃんと動線で繋がっていないと学習効果は半減する」
ということを実感し、未経験者研修は、この時の教訓を生かしたものになっています。

3.社内の共通言語になりそうなものがない

研修を受けてその時だけはなんとなく熱くなったけれど、時間が経つにつれて薄れていく・・・みたいな研修も、個人で進んで受けるなら良いと思いますが、、、会社として中堅社員以上に研修を行うなら、コミュニケーション時に齟齬が発生しないように言葉の意味を統一する意味でも、会社の理念を共有する意味でも、「社内の共通言語をつくる」ような役割を研修が担ってくれるといいなと思っています。

4.中堅社員以上の大半が「受けたい!」と思えそうなものがない

  • 講師は斎藤工
  • 会場はハワイのビーチ
  • 服装は水着とサンダル
  • 講義内容は波の音を聞きながらアロハの音楽に乗せて聞く

これは「今私が受けたいと心から思う理想の講義」です。
ここまでやれとはいいませんが、すくなくとも受講側が「あー、めんどくせーなー」と思っちゃう時点でもう効果半減です。

「自分自身」に、スクラム再学習の必要性を痛感

このような理由で、フロイデでは幹部や中堅社員向けの研修があまり活発ではありませんでした。ただ、気がつけばフロイデも社員数が70人を超えるまでに成長しました。このままだと幹部や中堅社員が「いったい自分は何をやればいいのか」がはっきりわからないまま、どんどん負荷が増えていくことになります。

「まずいな、なんとかしなきゃな」と考えてながらも手が打てないでいた時、あるお客様からのお言葉がきっかけで、いろいろなことが動き出しました。

お客様からの「失望の声」が、研修を行う最大のきっかけ

「顧客と同じゴールを目指す”チーム”ではないのか?」

それは、あるお客様からの苦情でした。チームメンバ達はお客様にお応えするべく本当に頑張っていたのですが、彼らをフォローする体制が十分でなく、契約は終了することになりました。私がそのお客様にお詫びにうかがった際、お客様からはねぎらいとともに

「フロイデのラボ型開発は、アジャイルをベースとした”顧客と同じゴールを目指すチームとなって、積極的に提案をする”スタイルではないのか。今回のフロイデのチームメンバは一生懸命だったが、私達と同じような熱量は感じられなかったし、彼らのゴールは”顧客の指示を達成すること”のようにも感じた。それなら海外のラボ型開発の方が安いので、そちらに依頼することになった。」

というお言葉をいただきました。

そのお客様は本当に弊社を信頼してくださっていた方で、その方にそんなことをいわせた自分が本当に情けなく、お客様にも弊社のメンバにも申し訳ない気持ちでいたたまれなくなりました。

アジャイルの理念の浸透の必要性を痛感

アジャイルの知識なら、フロイデの社員であれば、皆なんらかの形で教育を受けています。ですが、それが浸透するまでには至っていないのでしょう。お客様やメンバのために、私はこれを必ず克服しないといけません。

そのために、まずは「そももそ私自身にちゃんとアジャイルの理解が浸透しているか?」と考え、スクラムとスクラムマスターについて見直してみました。

スクラムとスクラムマスター

スクラム(Scrum)

スクラムとは

「スクラム」は、アジャイルの手法群の中でも、「チームとしての仕事の進め方」に特化した、アジャイルの中でも比較的とっつきやすいと言われるフレームワークです。システム開発に限らず、チームで仕事をする際には様々なシーンで役に立ちます。下記3つが一般的に「スクラムの3本柱」と言われています。

  • 透明性:Transparency
  • 検証 (透明性により担保された検証) :Inspect
  • 適合 (検証にもとづく適合) :Adapt

スクラムの構成メンバの役割には、2つの特殊なものがあります。1つはプロダクトオーナー、もう1つがスクラムマスターです。

スクラムマスターとは

スクラムでは、メンバー自身で決めながら自律して動くことができるチームになることが求められます。そしてスクラムマスターは、チームが自律して動くことができるようになるよう、チームを育成する役割が与えられています。

また、ゴールを共有した自律的なアジャイルチームでも、必ず危機的状況になる萌芽は発生します。そしてそれをうっかり見逃してしまうと、往々にして大事故に発展します。スクラムマスターは「チームを注意深く見守り、不都合な事実もしっかり見つめ、チーム崩壊予防を促す」という役割も持ちます。

端的にいうと、スクラムマスターの役割は「社会人なんだから責任もって引き継ぎしろ!」ではありません。通常から状況を適切に把握し、障害の萌芽はチームで1つ1つ片付けていき、病人が引き継ぎのために出社するような状況をつくらないようにすることです。

スクラムマスターの役割(ざっくり)

メンバーを信頼し、支援することで、チームに変化を促す。

スクラムマスターは、障害が発生した場合、スクラムでは、これをチームでどうやって乗り越えるかを様々な視点からチーム全員で考えさせ、チームに対応させます。なぜなら、スクラムでは「障害を乗り越えることは、チームの成長の機会」をとらえているからです。そしてそのような障害が発生しないようにするためには、チームが自分自身で変わろうとする必要があることに気づかせることで、チームに変化を促します。どうしてもチームで解決できないときは、スクラムマスターが、外部の力を借りられないか検討します。スクラムマスターは裏方としてメンバーを信頼して支援することで、チームに変化を促します。

チームから意見や考えを引き出す。

ヒエラルキー型のプロジェクトで求められるリーダーシップは、メンバーを統率し、場を仕切り、判断し、指示を部下にわかりやすく伝えることが重視されていました。

ですが、アジャイル・スクラムでは、何より部下から聞き、解決策を引き出すことを求められます。特に障害については、様々な確度からチームで分析し、解決の方法を探るように促します。

それがスムーズにいくように、スクラムマスター自身が学ぶことはもちろん、チームメンバへの学びの姿勢も引き出していきます。また、新しい技術や方法を取り入れるためには事前に検証が必要ですが、スクラムマスターはプロダクトオーナーとそのリソースの確保について話し合いを行います。新しい技術や方法を獲得して積極的にそれら提案することは、チームとしてプロダクトオーナーへの誠意でもあります。スクラムマスターは、メンバはもちろんプロダクトオーナーがこの意識を持てるよう促します。

スクラムマスターに必要と言われるコミュニケーションスキル(ざっくり)

  1. コーチング
  2. メンタリング
  3. ファシリテーション
  4. ティーチング

・・・ここまでで、私は自分自身がスクラム向きではないことをつきつけられ、愕然としました。マインドがアジャイル指向なのは間違い無いのですが、スクラムマスターに必要なスキルがなさすぎます。私が会社のバリューを浸透させようとしても、うまくいかないわけです。。

よし、こうなったらとにかくまず自分が学ぼう!と、いろいろなスクラムの書籍や研修などを見ている中で、

「認定スクラムマスター研修」

を受けたいと考えるようになりました。

認定スクラムマスター研修を社内研修にする

認定スクラムマスター研修とは

認定スクラムマスター研修(CSM)とは、認定スクラムトレーナー(CST)によって開催される Scrum Alliance 認定研修です。この研修をうけた人は、オンラインで開催される認定スクラムマスター試験の受験資格が与えられます。受講料は3日間で1人30万円(!)で、パブリック研修は、だいたい東京や大阪近辺で行われています。そして調べるともう結構先まで満席キャンセル待ちです。

いやいや高い!!と思いましたが、ネットで感想を見てみると、非常に評判が良いようです。きちんと体系立ててスクラムの経験を整理することができたら、社会はもちろん、お客様に寄り添えることも増えるでしょう。単純にブランディングにも繋がりそうです。
「ここでケチるべきなのか?」
と、私は再度考え直しました。
 

 

フロイデの中堅以上の社員研修にした経緯

そして、よく考えてみると、この研修は私がフロイデの中堅社員以上の研修にもとめていたもの、がほぼ網羅されていることに気がつきました。

  1. 会社の理念浸透に効果がありそう
  2. 実業務に直結している
  3. 研修の内容が社内の共通言語となりそう
  4. 中堅社員以上の大半が「受けたい!」と思えそう

また、認定スクラムマスターの資格は社員個人に付与されますので、フロイデを退職した後もきっと役に立ちます。4月後半に実施する中堅社員採用でも、大きな効果がありそうです。そしてフロイデの中堅社員以上がスクラムマスターになったら、お客様を失望させたり社員がその矢面にたたないといけない機会も減るでしょう。

そして何よりも、急激に会社が変わっていくなかで"フロイデにとどまる"選択をしてくれた社員への感謝を込めて、彼らが『フロイデにとどまって良かった、これからも頑張ってみよう』と思えるような何かを、はっきりした形で提示したいと思いました。

よし、お金のことはいったんおいとこう(泣)。

腹をくくってodd-e Japanと交渉の結果、6月の第2週、福岡でオンサイト研修を開いてもらえることになりました!

開催場所、詳細な日程、参加者セグメントなどはまだ決まっていませんが、とにかく楽しんで中堅社員以上と一緒に受けてまいります。