My sweet, hard life

韓国ソフトウェア人材開発院に行って参りました。

2016.11.22

ソウルの韓国ソフトウェア人材開発院で、会社説明会を行ってまいりました。

※観光旅行ではありません。

フロイデは「無職・フリーターを1000人エンジニアにする」をミッションとしているため、新卒採用はあまり積極的にやっていません。ただ、韓国ソフトウェア人材開発院のご縁を頂いた時は「あっちょっとここなは行ってみたい!」と思いました。

この学校は高校や大学を卒業して一旦社会人になった人を対象に、日本語とIT教育を行う民営の学校です。そのため学生の年齢は多少高めですが、

「外国でITの仕事がしたい!」

という意欲の高い人が採用できる可能性が高い気がします。

学生にとっても、東京ではなく福岡のIT企業に就職することにメリットは多いと感じました。

  1. ソウルと福岡はソウルと東京と半分以下の距離
  2. 東京より福岡ははるかにリビングコストが低い
  3. ソウル→釜山を新幹線で移動して釜山→福岡をビートル(高速船)で移動できるので、飛行機が怖い人でも大丈夫

学生もフロイデも両方幸せになれる!ということで、思い立ったら吉日ということで、11月21、22日に一泊2日で遊びに行ってまいりました。

 

2020年までに海外市場にリーチしたい!

※重ねていいますが観光旅行ではありません

実はソウルって、990万人もの人口を抱える超大都会なんです。この街の物価や給与はそこまで日本(福岡)と違いはありません。逆に言うと、この街は2020年以降低迷する可能性の高い福岡にとって、ここは重要な市場になる可能性があります。また韓国語って文法が日本語とほぼ同じなので言語の学習コストが低く、かつ、ローカライズがしやすいんです。この学校の母体は韓国のIT企業でもあるので、今後良いご縁が得られる可能性は非常に高いはず!

・・・と諸々理由をつけて、韓国に行ってまいりました。

 

 

 

ソウルのカサンデジタルダンジ

学校はカサンデジタルダンジにありました。

もともと繊維業が盛んな街だったのですが、最近はIT企業が増えてきた、ガラス張りのビルがたくさん立ち並ぶ近未来な風景の中に、その学校はありました。

韓国政府と企業の合弁学校?的な育成施設らしく、韓国にはソウルはもちろん釜山その他にこういう学校がたくさんあるらしいですね。もしこれを読んだ方で他にこういう韓国の日本語+IT教育を行っている学校をご存知の方がいらっしゃったらツアー組むので是非教えてください。


 

 

そして会社説明会

そして、会社説明会を行わせていただきました。

入学当時は皆さん日本語が話せずここではじめて勉強されたとのことだったので「翻訳してもらえませんか?」と学校の方にお願いしたいのですが「必要ないと思います」と言われびっくり。

半信半疑で日本語でお話ししたのですが、通訳なしでもガンガン学生さんから日本語で質問が来ます!みんなすごいなあ・・・・

その時にお話しした内容を、日本語と韓国語で残しておきます。

4月から、また、この国出身の新しい仲間が増えますように…

 

メッセージ


 처음뵙겠습니다. 프로이데 주식회사 사장 요시타니라고 합니다. 
오늘은 여러분과 동료가 되길 원해서 일본의 후쿠오카로부터 왔습니다.

프로이데는 후쿠오카에 본사가 있는 회사입니다.
일은 대부분 도쿄의 일로서 도쿄에도 오피스가 있습니다만,
혹시 여러분이 동료가 된다면 후쿠오카에 살게 됩니다.

처음 반년부터 일년까지는 회사에서 사택을 준비합니다. 기본 월세는 회사에서
부담합니다.
비자의 준비 또한 경험이 있습니다.

여러분은 안심하고 일본으로 와주세요.

저에게는 꿈이 있습니다.

저의 남편이 병에 걸리게 되고 실직을 하게되어 
대신 일을 하기 위해 회사를 새우게 되었습니다.

저는 대학에 나오지 못하고 기혼의 여성이라는 이유로 매우 고생하였습니다.

그래서 학력, 경력, 인종과 연령이나 성별, 국적 등 차별이 없는 일을 고르게 되었고
그렇게 프로이데는
    『무직과 미경험자를 1000명 엔지니어로 한다.』
라고 하는 미션을 내걸고 있습니다.

꼭 나에게 여러분의 힘을 빌려주세요.

 

いつもお世話になっております、フロイデの吉谷です。
先日はお忙しいところ、お時間いただきまして誠にありがとうございました。

そして会社説明会をさせていただいたこと、心より感謝申し上げます。
福岡は東京に比べるとリビングコストが低く、ソウルからも近く、大変住みやすい街です。
そして弊社の業務はSIerを経由しない案件が比較的多いため、弊社のエンジニアは新しい技術を試したりお客様と直接お話をしたりなどでモノをつくる醍醐味を味わうことができます。
将来、御社の卒業生が弊社で一流のエンジニアとなってソウルに帰って独立し、弊社のビジネスパートナーとして活躍することで貴校や貴国の発展に寄与できたら、隣国の人間として、こんなに嬉しいことはありません。

弊社では、12月末から2月末にかけて、4月入社社員(未経験者)の募集を行う予定です。

その際もお力添えのほど、なにとぞ引き続きよろしくお願い申し上げます。

追伸:
翻訳は貴校に在籍していた、アン・ジュホ氏に依頼いたしました