それいけ!フロイデ電子工作部

物とネットを繋ぐ IoT

2016.10.20

こんんちは、IoTに挑戦中の真っただ中で
ブログの存在を忘れてました。はんだくんです。

タイトルにも書かせていただきました。IoTとは??
一言で「モノとインターネットを繋ぐ」技術です。
きちんと出来るか分かりませんがその過程を綴っていきます。


物とインターネットを繋ぐのモノ

早速、物とネットを繋ぐためのモノを以下の条件で調べてみました。

  • ネットにつながる
  • センサーとつながる
  • 小さい
  • 安い

当初はraspberryPiやArduinoといったネットや書籍でも情報があるのでこちらを検討していました。

ゴッドこと、なかまこさんより『 ESP-WROOM-2』お勧めだよ!

と言うことですかさず購入しました。因みにswitch scienceさんのESP-WROOM-02開発ボードを購入いたしました。

購入先リンク:
https://www.switch-science.com/catalog/2500/

開発環境を整える

開発環境ですが、

ネットでの情報を見ていると、当初検討していた。

Arduino開発環境で開発できるとの事で、

環境を整えました。

 

環境構築については、購入先リンクのswitch scienceさんの

参考リンクを参考にさせて頂きました。

 

軽くLEDを光らせるコードを書いてみました。


#include <ESP8266WiFi.h>
void setup() {
  
  // pinMode(使うPIN番号, OUTPUT);
  // OUTPUT:出力モード スイッチのON・OFFのような機能
  pinMode(5, OUTPUT);

}

void loop() {

  // 5番PINをHIGH(電気を流す)
  digitalWrite(5, HIGH);
  
}


青色のLEDが点灯しました!(簡単だけど感動!)

ただ、これだけでは単に電池とつなぐだけで出来てしまいます。

次回は、LEDを制御してみたいと思います。それでは!